仮想通貨FX

Hotforexで仮想通貨FXのすすめ

仮想通貨は一攫千金ができる今は少ない手段

仮想通貨FXは、昔なつかしい「昭和のかおり」がします。

戦後の混乱期やバブル期に「一山当てた」山師のかおりです。

これは、ドル円のような通常のFXが「通貨と通貨の綱引き」で、「引っぱったり引っぱられたり」の動きをするのに対し、仮想通貨FXは「暴走列車」のような「一方的な動き」をするからです。

仮想通貨の価格は、新機能の実装、業務提携に関するニュース、あるいは仕手筋の仕掛けにも敏感に反応し、中堅企業の「個別株」に似た動きをします。

仮想通貨FXには、日本全土に「億り人」を続出された素地が、確かにあるのです。

億り人

2017年は仮想通貨の値上がりでほんの数十万円、数百万円の仮想通貨を買っただけで億の資産を持つようになった人が続出しました。

これを”億”と”おくりひと”をもじって、「億り人」と呼ぶようになりました。仮想通貨の値下がりによって、かなりの数の人が消えていきました。

仮想通貨FXサービスの提供会社

仮想通貨FXサービスを提供しているのは、大きく分けて、

① 仮想通貨専門業者(コインチェック、ビットフライヤー、Zaif等)

② 海外FX業者(XM等)

に分けられます。

海外FX業者については、XM社が仮想通貨FXサービスを休止中の現在、Hotforexの独壇場です。

XMが再開

その後XMは仮想通貨サービスを再開しましたが、レバレッジや通貨ペアの点でHotForexのほうが優勢なのは変わっていません。

ですので、以下では、主に「仮想通貨専門業者(ビットフライヤー等)」と「海外FX業者の代表=Hotforex」の比較の視点で、説明していきたいと思います。

 

仮想通貨FXのレバレッジ

Hotforexの仮想通貨FXのレバレッジは10倍です。

必要証拠金維持率は、プレミアム口座ほかの各口座種類のストップアウトレベルに準じます(通常20%)。

「レバレッジ」と「必要証拠金維持率」を計算式で説明しましょう。

100万円分のビットコインを買うのであれば、

① ポジションを建てるのに

100万円(資産額)÷10倍(レバレッジ)=10万円」必要であり、

② ストップアウトレベル

10万円(必要証拠金)×ストップアウトレベル(20%)=2万円」

に達する(=8万円損する)までポジションを維持できる、ということです。

仮に100万円分のビットコインを現物で買った場合には、当然100万円必要になるので、レバレッジをかけられる「仮想通貨FX」の方がはるかに少ない資金ですみます。

レバレッジ取引を必要以上に恐れている方もいらっしゃいますが、レバレッジ10倍ということは、「自己資金500万円で5000万円の不動産を所有し、家賃収入を得られる」のと同義ですから、少ない資金でお金持ちになれる、大変ありがたいチャンスといえます。

レバレッジ

レバレッジはHotforexのほうが有利

 

仮想通貨FXの取扱い仮想通貨

Hotforexの仮想通貨FXの取扱い仮想通貨は、

① ビットコイン

② イーサリアム

③ ライトコイン

④ ダッシュ

⑤ リップル

です。

トレードするお薦めの仮想通貨は、ずばり、リップルです。

リップルがオススメの理由

その理由は、リップルが日本にゆかりの深い仮想通貨だからです。

仮想通貨界最大の「日本人インフルエンサー」北尾吉孝氏率いるSBIグループは、リップルを発行する米Ripple社の株式の11%を保有し、北尾氏自らツイッター等のメディアでリップルの将来性に関する発言を活発に頻繁に行っています。

われわれ日本人は、リップルに関する記事を目にする機会も多いですし、最新ニュースも、世界中の投資家たちよりも早く入手することができます。

ドル円以上に「ホームグラウンド」な取引が可能なのです。

 

仮想通貨FXの資金管理

Hotforexでは、大変ありがたいことに、

為替FX

仮想通貨FX

株価指数CFD

貴金属・穀物CFD

の証拠金が共有です。

これはどういうことかというと、結論からいえば、資金管理が非常にラクになるということです。

日本の取引会社は金融庁の規制で、為替、指数CFD、株式、貴金属・商品CFD、仮想通貨、それぞれが全て別の口座でなければいけなくなっています。仮想通貨にいたっては別の会社を作らないといけません。

「為替FX」と「仮想通貨FX」が別会社の口座だったり、同じ会社でも証拠金の分離(非共有)だったりすると、強制ロスカットを防ぐために、すべての会社・すべての口座に「余裕めに」資金を入れておかなければなりません。資金的にも苦しいですし、どの会社・どの口座にどれくらいの資金を入れておくかも、判断が非常に難しいものです。

そして、ひとたび1つの口座に強制ロスカットにかかりそうになると、比較的余裕のある口座から、切迫した口座に資金を移動させる必要が生じます。

別会社の場合は、手間がかかるだけでなく、時間的にもロスが生じ、資金の移動が完了するまでは、いまにも強制ロスカットが執行されるのではないか?と、気が気でありません。

そうした資金難や資金配分の困難な判断・不安を解消してくれるのが、Hotforex社の「ワンストップサービス」(①一社で金融先物をすべて取引できる、かつ②証拠金が共有)なのです。

日本だと為替、指数CFD、株式、貴金属・商品CFD、仮想通貨それぞれ別口座になる必要があり めんどくさい

Hotforexなら全部1つでいい

 

口座開設の手間

上記のワンストップサービスにより、資金管理上のメリットほどではありませんが、「複数の会社に口座を開設する手間がはぶける」というメリットが生じます。

一方、「仮想通貨専門業者」(コインチェック社、ビットフライヤー社、Zaif社等)の提供する仮想通貨FXを利用するためには、別途に口座を開く手間が生じます。

Hotforexなら口座開設も1つでいい

仮想通貨FXの入金

Hotforexの仮想通貨FXは、現金取引です。

え?当り前じゃないか?と思われたかもしれません。実は、「仮想通貨の専門業者」が提供する仮想通貨FXは、証拠金として、ビットコインの現物を差入れなければならないのです。

その際、ビットコインの現物を購入するには手数料が発生しますし、ビットコインの価格が下落すれば、証拠金も目減りしてしまうことになります。

Hotforexの場合は、そうした不便がないだけでなく、他の先物取引、為替FXや株価指数CFDでの「実現利益」および「評価益」も、仮想通貨FXの証拠金として流用することができます。これはとても便利です。

日本だと証拠金もビットコインの現物も必要

Hotforexなら証拠金だけでいい

仮想通貨もその実現利益も証拠金にできる

 

仮想通貨FX取引ツール

Hotforexの仮想通貨FXの取引ツールは、MT4およびMT5です。

MT4/5は、ロシアのMetaQuotes社が開発した世界で最も利用者の多いFX取引プラットフォームです。

これに対し、仮想通貨専門業者の提供する仮想通貨FXは、その業者の提供する独自の取引ツールとなります。

MT4/5で配信される取引レートは、MetaQuotes社が配信しており、このレートは、「個人投資家とFX業者の双方にとって公正なレート」です。このことこそが、MT4が世界最大のトレードプラットフォームたらしめている理由です。

一方、仮想通貨専門業者の提供する仮想通貨FXにおいては、その業者独自の取引ツールを使い、配信されるレートも業者自身が勝手に決めています。どうしても自社に有利なレートを配信しがちなりますし、実際そのような「疑惑のレート」配信は、ツイッター上で頻繁に報告されています。

Hotforexなら信用と実績のあるMT4

仮想通貨取引業者は信頼もない、レートも怪しい、異常値も出る

 

仮想通貨FX入金ボーナス

Hotforexの仮想通貨FXには、入金ボーナスがあります。

証拠金が他の先物取引と共通なので、入金ボーナスも同じように使えるというわけです。入金ボーナスは、出金こそできないものの、個人投資家が最もおそれる強制ロスカットを回避するための余裕分として利用できます。

また、より高いリスクをとってトレードしたい人にとっては、入金ボーナスを、ポジションを建てるための「必要証拠金」として使うことで、実質的なレバレッジをさらに上げることもできます。

一方、仮想通貨専門業者の提供する仮想通貨FXは、このような入金ボーナスは一切ありません。

Hotforexなら入金ボーナスたくさん

仮想通貨取引業者はない

 

取引所破たんリスク

仮想通貨専門業者は、現物の仮想通貨を大量に保有しているため、これらがハッキングにより盗難された場合には、仮想通貨FXの証拠金も戻ってこない可能性が生じます。

世間を騒がせたコインチェック社の大規模な仮想通貨盗難事件は、全額補填という形で利用者が救済されましたが、コインチェック社の「仮想通貨FXの利用者」は、長期にわたって自己資金を拘束されたため、その間に入院や交通事故等で急に資金が必要となった場合には、大変な不自由を強いられたと思います。

また2018年後半に起きたZaifの流出事件では、zaifの運営会社であるテックビューロが損失を補填できずに、なんとか同業のフィスコに身売りをすることでギリギリ顧客資産を返すことができました。しかし一歩間違えれば資金が帰ってこなかった可能性が十分にありました。

一方、Hotforex社は、FX取引のみで、仮想通貨の現物は保有しませんから、そのようなハッキングによる倒産リスクはありません。また、仮にそれ以外の何らかの理由によりHotforex社が倒産した場合にも、分別管理により、利用者が預け入れた証拠金が毀損することはありません。

Hotforexならハッキングリスクなし

仮想通貨取引業者はcoincheck,zaif,bitfinex,MTgoxなどハッキングによる流出事件が続出。今後も間違いなく起こる。

 

仮想通貨FXの取引時間

Hotforexの仮想通貨FXは、土日は休みです。

仮想通貨の専門業者が提供する仮想通貨FXは、土日もリアルタイムに取引できるので、この点は、Hotforexは不利といえます。

ただし、土日もリアルタイムに取引できるということは、土日もチャートを常に見張っていなければならない、ということなので、「土日くらいゆっくりしたい」という方にとっては、むしろHotforexの方がよいでしょう。

Hotforexは土日は取引なし

 

仮想通貨FXのさいごに

仮想通貨FXは、ドル円等の通貨同士の綱引きの為替FXとはまったくちがう動きをします。

まったくちがう動きをすると、私たち個人投資家には、どんなメリットがあるのでしょうか?

それは、「エントリーチャンスが増える」ことです。

極端な話をすれば、どんなにたくさんの金融先物商品、FXの通貨ペア、仮想通貨の種類が取引できても、それらが「まったく同じ値動き」をしたとすれば、エントリーチャンスもまったく増えないことからご理解頂けると思います。

つまり、ドル円等の法定通貨のFXが、動きが読みにくいときでも、ビットコインをはじめとする仮想通貨に一方的なトレンドが発生して、動きを読みやすいのであれば、そちらにエントリーすれば収益が可能だということです。

空手にたとえれば、上段蹴り一本やりだった人が、下段蹴りもできるバリエーションと器用さを身につけたようなものです。

Hotforex社の仮想通貨FXトレードで、あなたの投資ライフがより豊かになることを祈っています。

Hotforex社の仮想通貨FX
  • レバレッジは仮想通貨取引業者より高い
  • 取扱通貨もメジャーものがある
  • すべて1つ口座でいい、仮想通貨取引業者は複数口座が必要
  • 1つなので口座開設も1つ
  • 入金も仮想通貨でOK
  • 取引ツールは信頼と実績のあるMT4
  • 入金ボーナスもある、仮想通貨取引業者はない
  • hotforexはハッキングリスクなし、仮想通貨取引業者は腐るほど流出

HOTFOREXで仮想通貨をトレード!

Hotforexは万能のFXブローカー

HOTFOREXは全てにおいてスペックが高いFXブローカーです。

レバレッジは最高1000倍で追証なし、かつ証拠金維持率は10%まで耐えられるので少額の資金を入金してのハイレバレッジ勝負がしやすい環境が整っています。

他にもスプレッドが狭いZERO口座、ボーナスを受けられるFIXED口座、VIP条件でトレードできるVIP口座、などの用意されている口座も多彩です。

ボーナスも3種類用意されており、入金額に応じて最高5万USDまでボーナスが追加されるものや、取引するごとにキャッシュバックを受けられるものもあり、こちらも多彩です。

そして仮想通貨に本格的に対応しています。仮想通貨CFDに5種類の通貨を用意、さらに入金や出金にも仮想通貨を使えます。法定通貨を一切使わずに「入金」「トレード」「出金」まで完了するのです。

ハイレバレッジトレーダーから、EAコピートレード、スキャルピング短期売買、仮想通貨トレードまで多彩なトレーダーのニーズに全て答えている万能のFXブローカーです。

詳細ページ公式ページ

 

Hotforexの特徴一覧

  • 最大レバレッジ1000倍
  • 追証なしの0カット制度
  • 日本語サポートが充実
  • 8種類も用意されている多彩な口座タイプ
  • 2万USDでVIP口座が使える
  • あのXMより口コミ評価が高い
  • 大手保険会社ロイズとの500万EURの顧客保護
  • 全入金に対してボーナスが即時反映
  • bitwalletと連携した迅速な入出金
  • bitpayを利用してビットコイン入出金可能
  • 仮想通貨のCFDも取扱(BTC、ETH、LTC、XRP、DSH)
  • 多彩なボーナスを用意!
  • 100%スーパーチャージボーナス
  • 30%レスキューボーナス
  • 100%クレジットボーナス